Raspberry Pi 2 と Raspberry Pi 3 の違い

Raspberry Pi 3が発売されて約3ヶ月。

今までRaspberry Pi 2で様々動かしてきましたが

そろそろ3を購入しようかな・・・と興味が出てきています。

でも、2と3はどこが違うんだろう・・・?と思ったので

気になるところだけを表にしました。

なにがちがうの?

項目 Raspberry Pi 2 Raspberry Pi 3
写真
CPU Cortex-A7 Cortex-A53
CLK 900MHz 1.2GHz
メモリ 1GB 1GB
電源 5V 900mA 5V 1.8A
無線LAN なし 802.11b/g/n
Bluetooth なし Bluetooth 4.1 / BLE
USB 4ポート 4ポート

良い点

  • CPUの速度が上がった
  • 無線LANとBluetoothが標準搭載された

悪い点

  • 消費電力が増えた

どっちを買うべき?

  • Bluetoothを使って他のデバイスを制御したい
  • 無線LANを使ってネットワークにつなぎたい

人はRaspberry Pi 3がオススメだと思います。

Raspberry Pi 2に無線LANアダプタとBluetoothドングルをつけると

USBポートを2つ使ってしまいますし、USBポートの発熱が結構凄いです。

実体験上では熱くて触れないくらいになりました。

逆にスタンドアロンで使うとか、Bluetoothは要らないという人にとっては

安いRaspberry Pi 2の方が良いかと思います。

私はBluetoothを使って家庭内IoT用のゲートウェイ

(Bluetoothデバイスの情報をRaspberry Piで集約してサーバーにアップロード)

を作りたいと思っているので、Raspberry Pi 3を購入することにしました。

Raspberry Pi 2とRaspberry Pi 3のIO関連は特に違いがなさそうなので

今まで使っていたものがそのまま流用できそう・・・というのも購入の理由になっています。

今まで買ったRaspberry Pi Model B、Raspberry Pi 2も引き続き使っていく予定ですが

メインはRaspberry Pi 3になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました